カンジダ症の正体! - カンジダ・デトックス7日間集中プログラムでカンジダ症を改善する

カンジダ症の正体!

カンジダ症って、なぜとても痒くなってしまうのでしょうか?

それは、カンジダ真菌による炎症が起きてしまっているからなんですね。

身体の中にある菌は「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」という3種類に大きく分けられます。

本来カンジダ菌は「善玉菌」なのですが、身体の免疫力がなくなったりすると、「悪玉菌」に変貌するんです。

もちろん免疫力が戻れば「善玉菌」として身体に常在する菌になります。


ここで言う免疫力が弱まるって、どんなことでしょうか?

例えば風邪を引いて長引かせてしまったり、病気になってしまったり長時間の働きすぎもいけません。

睡眠不促も身体の機能を低下させますね。

身体が弱くなってしまった時に、悪い菌が増殖すると、カンジダ症など弱い粘膜の部分で悪さをするようなことが起きてしまう訳です。

ですので、決して恥ずかしい病気ではないのです。


早寝早起きをして、仕事はほどほどにし、入浴時間や睡眠時間も十分にとって身体の英気を養うことで免疫力は戻ります。
普通は免疫力が戻ることで症状は改善されるんです。


じゃあ、それでも症状がよくならなかったら?

また、その規則正しい生活を実行できない期間があるとするなら?!

あなたの身体は、時に悲鳴をあげることがあるでしょう。

大事な身体の事です。一人で悩んでいるのは得策ではありません。

専門家の意見を聞くことも大事だと思います。

⇒ カンジダ・デトックス7日間集中プログラム