カンジダ症は性病ではありません

カンジダ症と食事の関係

初めてカンジダ症になった時、「あ、カンジダ症になった」とすぐに分かる人は少ないと思います。

 

しかし、『おりものがチーズのようにどろっとしている』、『痒みが強い』など、いつもと違う状況になりますから、何かよくないことが起きているというのは分かると思います。

 

カンジダ症と他の性病とではそもそも治療の仕方が違います。

 

カンジダ症の菌は粘膜や湿気が大好きです。

 

女性であれば膣で異常が起きたときは子宮に一番近い場所ですから、少し怖くても早めに病院へ行き診察してもらいましょう。

 

膣カンジダの場合は、症状の出る部分がどうしても恥ずかしい感じがするからでしょうか、なかなか病院へと足が向かないものです。

 

放置していることはよくないですし、なぜ痒くなっているか、なぜおりものがいつもと違う状況になっているのか医療の力で判明させることは大事です。

 

まずは、診断してもらうことが大切ですね。間違った判断は、その症状を悪化させてしまいかねません。

 

でも、「性病なのか」「気にしなくていいのか」と迷い、もし性病だと思い込み、別の治療を独自にしてももちろん治らないものですよね。

 

ただ、病院で「カンジダ症」と判断されてもどこの医院でも、この「カンジダ症」への治療は、まったくマニュアル化されたものでしかないと言うことを知っておいてくださいね。

 

重要なのは、根本的に直す治療をしてくれるのかどうかです。

 

薬や塗薬では再発してしまうことが多いので、治療方法については、よく確認することが必要です。

 

もし不安でしたら、いつでも相談くださいね。

 

カンジダ・デトックスを実際に行いたいという方は下記をクリックしてください。
↓↓    ↓↓    ↓↓    ↓↓    ↓↓
カンジダ・デトックス7日間集中プログラム