カンジダ症は、伝染するの?

「カンジダ症」にかかったことが分かった時、パートナーにいうべきでしょうか?

 

答えは「Yes」です。

 

女性から男性へ感染する可能性はかなり低いんです。

 

基本的に伝染病という認識は持たないで良いと思います。

 

ですので、パートナー二人で検査を受ける必要性はほとんどありませんが、女性がカンジダ症に何度も再発した場合はパートナーの男性も一緒に検査し、治療をうけることをオススメします。

 

実は、とても怖い話なのですが、カンジダ症の影響で、粘膜や外性器、子宮内膜などに病変がある場合には無い場合と比較してHIVに感染しやすくなります。

 

カンジタ菌は、カビ菌で真菌とされています。

 

カビ・・・そう考えてイメージするとより注意を促してくれるキッカケとなると思います。

 

なぜかというと、悪いカンジダ菌の動きにより膜がタダレれて防御バリアが破壊されて、その場所からHIVが侵入しやすくなるからです。

 

免疫力の低下・・・腸内細菌の善玉菌が、少なくなっていて抗体が出来ない状態になってしまうからです。

 

「カンジダ菌」が暴れて、「カンジダ症」を引き起こし免疫力が低下している状況で、医師からの抗生物質などの薬を飲んでいる場合悪玉菌を殺す為のものが一緒に善玉菌も殺してしまうことによって体内を守る善玉菌が減少しているので、細菌が体内へ入り安くなっています。

 

お二人で気をつける予防策としては、性病ももちろんそうですが、やはり基本的にコンドームをつけるということ。

 

刺激性の強い膣洗浄剤を使用しないこと。膣洗浄しすぎないこと(良い菌まで洗い流してしまうからです)。

 

不潔になりやすい男性器の先端を清潔に保つことなどです。

 

ただ、基本的に性行為によって感染するカンジダ症のしめる割合は5%程と低いレベルだと知っておいてください。

 

ですので、日々の注意が大事だということを覚えておきましょう。

 

そして、パートナーとの絆を深めてくださいね。

 

カンジダ・デトックスを実際に行いたいという方は下記をクリックしてください。
↓↓    ↓↓    ↓↓    ↓↓    ↓↓
カンジダ・デトックス7日間集中プログラム